所内研修

当所は所員の研修・教育制度に力を入れています。専門能力を練磨すると共に顧客の実務戦略に役立つ真の知財プロを目指しています。 所内外の研修をとりまとめる「実務研修センター」が主導となって、所員のレベルアップを図っています。

新人ファースト研修

入所後1ヶ月以内にe-ラーニングコンテンツを視聴する形で、新人ファースト研修を行います。 この研修には、技術系、事務系を問わず新入所員全員が参加することになっています。 これにより知財分野のアウトラインを把握することが可能になります。講師は各分野のベテランが行い、内容の充実したものです。

研修内容
事務所心得・ビジネスマナーについて
国内特許出願の概要と特許の基礎
出願書類の構成及び国内特許出願手続き
調査の概要
出願から特許まで、実用新案
外国特許出願の概要と外国特許業務
外国企業の日本出願の概要と対海外顧客業務
意匠・商標の概要と制度
図面作成上の注意
期限管理について
秘密保持について

テーマ別研修

希望する所員を対象とした様々な研修を実施しております。

テーマ
権利行使を意識したクレームの書き方
特許庁審判部の特許異議審理の運用変更と対応について
(外国事務研修)外国での国内優先権主張の注意点
(外国事務研修)外国特許情報の検索方法
(外国事務研修)出願時のサイン書類について
(外国事務研修)外国特許庁サイトのステータス確認の仕方について
マーケティングツールとしての知的財産
電気系 国内特許明細書の書き方(全5回)
機械系 国内特許明細書の書き方(全4回)
化学系 国内特許明細書の書き方(全6回)
欧州特許セミナー(Webinar)
侵害訴訟実務の基礎
国内明細書の作成を一例にした、効率が良くなる仕事の進め方(全10回)
外国での国内優先権主張の注意点
ヒューマンエラー対策
US patent practice
事務の業務改善
英文明細書の書き方(全9回)
AI/IoT向け知財サービスとその実務
(外国事務研修)審査請求、公開、サーチ等について
(外国事務研修)英文を作成する時の注意点
(外国事務研修)顧客情報、出願報告、法務、中途受任について
(外国事務研修)受任、出願、PCT全般について
審査基準勉強会(全9回)
IoT/AI時代の知財推進
発明発掘フレームワーク~“埋もれた発明”を掘り当てて価値ある特許出願につなげよう~
Brexit and whether this will result in any changes in practice
特許異議審理の近況と最近の特許性判断の動向等
グローバル人材育成研修 英語によるプレゼン等に関する体験型の研修
The Philippines Patent System (WIPO研修生より)
拒絶理由を受けたPBPクレームの紹介とその対応
弁護士知財キャラバン 履修支援員となるための研修
知的財産推進計画2016を読む -特許法の改正の方向性を含めて-
データ時代における知財戦略
特許明細書・クレームにおける日本語と英語との表現方法の相違、考え方の相違
米国特許法101条の審査官拒絶を克服する5つの具体的方法
"Time limits, extensions of time limits, reinstatement/restoration and effect
Unity & Divisional applications - UK & EP process"
特許権の均等侵害について-知財高裁大合議平成28年3月25日判決を踏まえて-
均等論大合議判決のポイントと実務上の留意点について
パキスタンにおける知財事情
iPS細胞と特許 ~iPS細胞とはなにか~
平成27年 特許法等の一部を改正する法律について
プロダクト・バイ・プロセスについて
インターネット出願ソフトを使用するにあたって
マドリッドプロトコルについて(WIPO日本事務所より)
新「異議申立制度」の五大ポイント
米国特許制度の概要及び日本との差異
警告状送付時の注意
特許庁から見た手続きの留意点-特許無効審判及び特許異議の申立て-
日本国 刑事手続きについて
弁理士・弁護士・博士号検索
専門分野
資格
氏名

PAGETOP