バリデーション国の選定と中間上位概念化に関するアドバイス



WEBセミナー(英語講演・日本語通訳なし)を2020年11月18日に開催いたしました
【欧州特許】バリデーション国の選定と中間上位概念化に関するアドバイス


開催日時:2020年11月18日(水) 15:00~15:45
事務所:HGF事務所(イギリス)
講演者:Dr. Jennifer Uno(英国/欧州弁理士 ヨークオフィス) Mr. Jan Robert Naefe(ドイツ/欧州弁理士 ミュンヘンオフィス)
開催場所:WEB開催

①バリデーション国の選定
市場規模(人口・GDP)や分野等のビジネスの視点でバリデーション国を比較検討します。更にバリテーションの拡張国についても触れます。
②中間上位概念化
中間上位概念化とは、「出願当初のクレームより狭く、明細書・図面の具体的な開示より広い概念に補正すること」であり、欧州実務において新規事項の追加とみなされます。具体例を提示し、明細書作成時や補正時に拒絶を受けないための実務的なアドバイスをご提案します。

※講師が英語で講演します。日本語通訳はありません。和訳付きの資料をご用意する予定です。

※本セミナーはZoomのシステムを利用し、WEB上で開催いたします。お申込みいただきましたお客様へは、開催日が近くなりましたらセミナーへアクセスするためのリンクをお送りいたします。Zoomのご利用が初めての方でも自動でシステムがインストールされますので簡単にご参加いただけます。
※セミナーの最後には時間の許す範囲で質疑応答の時間を設ける予定です。
※同業他社および個人の方のご参加は、お断りさせて頂く場合がございます。
※複数名のお申込については、お手数ですが1名ずつのご入力・お申込をお願いしております。参加者名欄に、複数のお名前を入力なさらないようお願いいたします。
※本セミナーは無料です。
弁理士・弁護士・博士号検索
専門分野
資格
氏名

PAGETOP