ハーグ協定・新タイプの商標 新オプション登場!

15-03 ハーグ協定・新タイプの商標 新オプション登場!

2015 年は、我が国意匠・商標制度に大きな改正がありました。

意匠については、ハーグ協定ジュネーブアクトに加盟したことにより、日本企業も国際出願制度を利用して外国出願ができるようになりました。ハーグ協定は、特許のPCT、商標のマドリッドプロトコルに相当する新たな出願ルートですので、今後の外国出願戦略に大きな影響を与えることが予想されます。

商標については、新しいタイプの商標が保護対象に加わりました。4 月1 日より、位置、色彩、音、動き、ホログラムからなる5 つの新しいタイプの商標の出願受付が開始され、同日に481 件の出願がありました(位置103 件、色彩192件、音151 件、動き32 件、ホログラム3 件)。このことからも、新しいタイプの商標に強い潜在ニーズがあったことがうかがわれます。ハーグ協定による国際出願制度と新しいタイプの商標、いずれも今まではなかった概念ですので、制度の概略をご説明させて頂き、メリットや様々な使い方をご提案いたします。

弁理士・弁護士・博士号検索
専門分野
資格
氏名

PAGETOP