プロフィール

福原 直志

弁理士
博士号

専門分野

化学・バイオ・製薬

学歴

大阪大学 基礎工学部 化学応用科学科
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報生命科学専攻 博士課程

職務経歴

特許事務所

業務内容

出願、無効審判、等

論文/出版物

配列と構造のスコアを用いたホモロジーモデリング複合体構造からのタンパク質間相互作用の予測(BIOPHYSICS, Vol. 3, pp. 13-26 (2007))福原直志、郷信広、川端猛
HOMCOS:複合体構造のホモロジーモデリングによる相互作用タンパク質ペアおよび相互作用部位を予測するサーバ(Nucleic Acids Research, 36, Web server issue, W185-W189 (2008))福原直志、川端猛


特定侵害訴訟代理弁理士
担当技術分野は、物理、化学、バイオ、医療等。薬、製剤、医療器具や、有機化学、電子材料等の出願業務に従事。大学では、有機合成化学の研究室にて、生体内酵素の機能を模倣した金属触媒の開発に関する研究を行う。博士課程では、バイオインフォマティクスの研究室にて、タンパク質複合体立体構造のホモロジーモデリングを用いてタンパク質間相互作用を予測する手法の開発に取り組み、ウェブサーバを開発した。

弁理士・弁護士・博士号検索
氏名
専門分野
資格

PAGETOP