プロフィール

小椋 正幸

副所長
弁理士

専門分野

機械
訴訟・審判

学歴

新潟大学 農学部 農業工学科
新潟大学大学院 農学研究科 修士課程

職務経歴

特許庁にて34年間特許審査・審判に従事(1977-2011)。審判部第13部門(生産機械)部門長、知的財産高等裁判所調査官室室長(首席調査官)、審判部首席審判長等を歴任。退官後、無効審判、審決取消訴訟、侵害訴訟等を担当。

業務内容

特許出願、異議、鑑定・技術判断、無効審判、訴訟


担当技術分野は機械。特許庁では、機械分野の審査・審判に従事する傍ら、通商産業省(現経済産業省)機械情報産業局における半導体集積回路配置権法の制定や、(財)工業所有権協力センター企画部長として先行技術文献調査業務の改善に貢献する。在職中4年間(2006~2009年)は、知的財産高等裁判所調査官として審決取消訴訟及び控訴事件の調査業務に携わり、調査官室の室長(首席調査官)として調査官業務の改善や指導に携わった経験を有する。

弁理士・弁護士・博士号検索
氏名
専門分野
資格

PAGETOP